Category

Archive

Staff

砕石パイル Hyspeed 工法

2020.05.11 |

ヨシケン 吉田ヨシケン 吉田

地盤が悪い土地の地盤改良 木造2~3階建てでは PCパイルが一般的ですが、今回 支持地盤は地表より1.75m で 浅い。

杭を打つには短かすぎ、根切底を下げて砕石を厚く入れる事もありですが、地盤保証が取れない。

そこで でてきたのが 砕石パイルという考え方。

特殊な重機がやってきて 指定された所にぐりぐりと穴をあける

直径400Φの穴をドリルの親分みたいなもので明けていく。

固い盤まで掘削して穴あけ完了。

かなりハイテクなマシンで いろいろセンサーがあり所定の地盤強度がわかるそうで。

その穴に砕石を流し込む。バケットのような物にざざっと。

現場に入ってくる重機がこれしかなく狭い敷地とか、重機搬入路が凄く狭い処には 威力あり。

このドリルが凄いのが砕石をいれながらコンパクションをかけて 砕石を締めていく。各穴ごとに支持力が記録されていって 工事完了書に表示。

なかなかです。

地盤改良工事です。

工事終わったの状態。なんか砕石の小山が点々あるようですが、間違いなく建物を支持する杭となってます。

この工法の魅力は 地中に杭(コンクリート)がないので、建物を撤去した時、コンクリ杭を抜くことがいらない。

今は解体時の杭の撤去費用が高額になる事で 総解体費が高くなってしまう。

当方では 地盤保証が30年間ついている事が凄く嬉しい限りですが。

Category

  • カテゴリーなし

Archive